私の頭は風俗で埋め尽くされる

非日常は身近だったんです

非日常と言うのはあまり味わえないからこそ貴重なものだという認識もありましたけど、実際に遊んでみるとそうでもないというか、むしろ割と身近なものだということに気付かされるんじゃないかなって思いますよ。だって風俗って本当に気軽に遊べるじゃないですか(笑)あんなに気軽に遊べるサービス、他に無いんじゃないですかね(笑)それだけに、風俗って男にとってはこれ以上貴重なものはないだろうってくらい、本当に頼りにしているんですよ。だってこれだけ頼りになるのも、誰でも楽しめるという点が大きいんじゃないかなって思うんです。別に力むこともなく、いつでも自分が楽しめるし、自分が主役になれるじゃないですか。楽しめると言っても脇役で楽しむのであればそこまでの気持ちになっていないと思うんですけど、主役として楽しめるとあって、ついついモチベーションが高くなると言うのもありますので、非日常に飢えている人も風俗で遊んでみてはどうかなと(笑)

風俗はいつでも楽しめると実感した

いつもは割と自分の時間に余裕がある時に遊んでいたんですけど、前回は結構忙しかったものの、それでも女の子の存在が恋しくなったので風俗のお世話になったんです。そこで気付いたのが、忙しい時であってもそれはそれで楽しめるなって。忙しい時に風俗に行っても結局時間を気にしたり忙しい原因になっているであろう仕事のことであれこれ悩むので、思ったように楽しむことが出来ないんじゃないのかなって思っていたんですよね。でも性欲が高まっていることは分かったので、それで風俗まで行ってきたんですけど、これが大当たりというか、別に忙しければ忙しいでそれなりに楽しめるってことに気付いたんですよ(笑)むしろそれもまた、ある意味では楽しいというか忙しい時にこそ、風俗に行って女の子に抜いてもらうことで気分転換にもなるし、いつもとは違った気持ちを味わうことが出来るものなんだなってことに気付かされたので、これからはいつでも楽しみたいなって。